佐賀の歴史

佐賀にきて六年くらい経ちますが、今日は佐賀の歴史で明治時代に活躍された佐賀七賢人について書きます。

265年続いた江戸幕府崩壊後にその後わずか10年ほどで廃藩置県、四民平等、地租改正、殖産興業など近代国家の基礎をつくり上げた世界史上例のない変革時代に歴史の扉を開いたのが佐賀だったそうです。

維新期に羽ばたいた佐賀人たちが

10代藩主 医者に免許制度導入    鍋島直正

日本赤十字創設  佐野常民  北海道開拓の父  島 義勇

外交政策に手腕  副島種臣  東京遷都を提唱  大木喬任

司法制度を近代化 江藤新平  2度の総理大臣  大隈重信

この佐賀七賢人 のドラマ化を願う佐賀の女性たちがいるとかいないとか・・・

私も歴史は好きなのでぜひ佐賀の歴史をクローズアップしてほしいと願います(*^^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です