★待望のバルーンフェスタ★

今回、ブログ担当の宮本真弓です。

今年も家族でバルーンフェスタに行ってきました!

というのも、我が家の4歳の息子が熱狂的なバルーンファンなんです。しかも見る方以上に立ち上げファンなんです。

扇風機とタオルさえあればバルーンの立ち上げごっこをし、段ボールを見つければ自分が中に入り「バルーンして!」と要求があります。段ボールごと息子を抱えると慣れた手つきで、ターゲットを目掛けてマーカー(首元用アイスノン)を投下しています。

大きくなったら、バルーンパイロットになるのが夢だそうで、毎日立ち上げ訓練を欠かさずしています。

そんな息子のために、11月3日は早朝4時から車で出発。社内で娘は熟睡してましたが、息子は早々と起床し、既にハイテンションで瞳を輝かせながら「まだ?まだ?もうバルーンフェスタ着いた?」の連発でした。

河川敷に到着しバルーンの立ち上げの様子を見ている息子、、、その眼差しは真剣で、バルーン評論家のような、とは言いすぎですが(笑)息子のバルーンに対する熱意が、日々強くなるのを感じ“この子は本当にバルーンパイロットになるんやろな”と確信してしまいました。

朝の一斉離陸で盛り上がった後、昼は強制的に一旦帰宅し、昼寝後、体力と気力UP後、次は夜間係留へ。

そこでも息子は、バーナーの火力を見てるのか、パイロットの手技を見てるのか、評論家の眼差し、、、。

その隣で娘は前の観客が振り向!く程の大声で「3!2!1!バーナーズ!オ―――――――ン!!」とストレス発散させていました。

ちなみに2日目河川敷外でターゲットを目指すバルーンを追いかけて、マーカー投下を間近で見る事ができました。

この週末で、大人は寝不足でしたが子供たちに感化され私自身バルーンに対する思いが強くなっているのを感じました。いや、バルーンが好きな息子を応援したい思いが強くなっているようです。

来年のバルーンフェスタの時、息子のバルーンへの愛情と訓練がどうなっているのか、今から楽しみです♪

IMG_3437

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です