卒業式

こんにちは。今回ブログ担当の黒山です。

3月はまだ寒い日もありますが春の訪れを感じる事が多くなってきました。イベントも多い季節です。

我が家は長男の高校卒業式をむかえました。

コロナウイルスの影響で全国的に卒業式の形式は学校毎で違う異例の対応となりました。

長男の学校は在校生は出席しない卒業生と保護者出席の卒業式でした。

体育館がやけに広く感じました。卒業証書授与は各クラスの担任が一人ずつ名前を呼んで黙ってその場に立っていって代表の一人がもらうという形でした。

一人の在校生代表の送辞や卒業生代表答辞や全員での歌はやっぱりジーンときました。

最後に先生が「こんな急な変更にも生徒たちは文句ひとつ言わず対応してくれた。私たちが生徒たちに救われました。感謝します」とのお言葉をいただきました。

子ども達のパワーを感じました。

またジーンときました。

教室で担任の先生の作成したサプライズのDVDをみてジーンとしました。

涙もろい私は今年は絶対泣かない自信があったのですがやっぱり形式は違っても卒業式は節目ということもあって色んなことを思い感じ涙腺は緩むものでした。

今年の卒業式は残念な思いをした子供たちが多いと思いますが逆にこんな卒業式を経験したと忘れられないいい思い出にしてくれたらいいなとおもいます。